TRITON釣れづれ草

2020年9月10日

2020 09 10  釣行記

潮汐率 35 水面温度 27℃ かなり澄んでいる キス 41匹 型はまあまあだけど厳しかった

7月17日以来の釣行。

8月の凄い暑さにへたってました、それに何個かの強力な台風やコロナに脅かされ
この夏はくさってしまいそうでした。
朝夕はようやく9月らしい涼しい風も吹くようになり、快適な釣行ができる季節が戻ってきたようです。

出港前、ハーバーマスターと情報交換しました。このところ、不調が続いている様子でした。
時化明けは多くの場合不漁気味と経験からわかっていましたが、やはりそのようです、
しかし時化が明けてかなり日も経つし、そろそろ釣れ出すころだろうと無理やり思うことにして、
でもおっかなびっくり出港しました。

ブランクが長かったので、やはり数多くの対話が楽しめる、ここはキス釣りでいきます。
渋いことが前提ですから、今日は始めから胴突き一本針ではじめました。

キスは置き竿でも釣れます。キスとのコンタクトを断っていても、ある程度の仕掛けを使うと
勝手に釣れてしまいます。

キス釣りの場合、釣果から見ると、どんな釣り方でも結果的にあまり変わったものではないと思います。
釣り方の良し悪しという観点ではなく、私は針がきれいに口元にかかっているか、または飲み込まれているか
結構こだわっています。前アタリと言われている、魚が餌の至近に来たような気配や、
あるいは、餌にちょっかいを出した、この程度の僅かな変化がわかるかどうか、
わかれば次に続く変化は、これは限りなく針掛りに持ち込める可能性の高い魚信(本アタリ)であり、
これを確実に捉えることができ易く、見逃した結果、飲み込まれて釣れてしまったりと、分かれるように思います。
もちろん、前アタリがわからないことで不用意な操作をしてキスのアタリを出せないことも多いはずです。

口元にきれいにかけることができるかできないか、その時その時で難易度が違う気がします。
その日その日ではなく、その時その時です。
私自身のコンディションの在り方によるのが一番の原因かもしれませんが。
最近はこのことがキスの活性の違いを表しているような気がしてます。
その意味で厳しいと予想される時や厳しくなった時には敏感でトラブルが少ない胴突き仕掛けを使って、
前アタリが出やすいようにしています。

前アタリに続く本アタリが出て、合わせると口元にきれいに針掛りする、理想的な針掛り・・・
心がけてやっていますが、今日はそれがなかなかできずに、結果としてずいぶん飲み込まれました。

飲み込むのだから、喰いは良いし活性は高いと思っても間違いではないし、釣行も成功と思います。
前アタリを感知し口元に掛けることができるのか、見逃して、飲み込まれてしまうのかは、
私にとって、かなり難しい大きなこだわり事項にはなっていますが、こんなことで楽しんでいます。
型はまあまあだけど厳しかったとしたのは、以上の理由からです。

活性は戻ってきていると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

凄く良いお天気でした

久々の出港でお疲れかな?と思いましたが・・・

何だかスッキリした顔をされていて「少年がいる…(笑)」内心思ってしまいました

今日は当ハーバーマスターと会話してる様子を激写

 

 

 

 

 

 

 

次に出港に向けて、作戦を考えているような?

次回の釣果も楽しみです♪

2020年7月17日

2020 07 17  釣行記

潮汐率 61 水面温度 26℃ 濁りが少しある

キス 44匹 型はまあまあ しかし 渋かった(気がした)

7月5日以来、12日ぶり。
このところ雨の日が多く、出漁が難しい。
我が家のさかな性たんぱく質の欠乏も深刻で、何処産か忘れましたが、
長崎産ではないイワシを買ってました。

 

先ず、キスを早めに切り上げて、この前の真ゴチも美味かったし、
風次第では、トップチヌもやってみたいし、マルアジの群れと出会ったら、
その時はショットガンで釣って、蒲鉾を作ろうと。
そんな事を考えながら出港しました。

 

こんな感じで、あれもこれもと考えながら出た日には、あんまりいい事はなかったような。。。

 

キスを早めに(さかな性たんぱく質不足を満たす量を確保して)切り上げて。

なのに

 

キスが

 

釣れない。。。

 

雨の影響で濁りはやや強かったですが、今までもこの程度の濁りは何度も経験しています。
2時か3時頃が干潮でしたから下げ潮を釣ることになるけど、こんな潮でも普通に釣れてました。
なぜ今日はキスの機嫌がこれ程悪いのか、ここは一番キスに集中・集中!!。

 

結果を見れば、そこそこの数が釣れましたが、今でもきびしかった感じがかなり残っています。

 

出漁できない日が続いたために、その反動で、妄想が沸き、過剰に期待し、
都合良く甘く考えていたところに、何らかの原因で、多少キスの活性が悪く
それが増幅されて、ひどく渋いと感じてしまったようです。

 

しかし、過去にも、また先月の試釣の際にも盛んに当たるし、よく釣れた場所で
始めたのですが、釣り始めて一時間くらいは、余程私を恨んでいるのか、
盛んに嚙みつくハゼや、チビコチが2,3匹くらいしか釣れませんでした。
このところの強い雨や風や濁り、海水温や潮汐率、潮時などの要因、
その何れかか、或いはいくつか複合して影響したのか、活性が悪かったのは事実ですから
何かあるんでしょうけどわかりませんね。

 

そんなことをキスと話し合ってみたい気もします。

まさに釣りの難しさと面白さですね。

真面目に釣りだして、効果的だったと思えるのは、
天秤仕掛けを胴付き一本針に変え、釣り針を一段小ぶりのものに変えたことと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

雨続きで、中々出港出来ない日が続きましたが・・・

毎回テーマがあるみたいで、完全燃焼されなかったのかぁと思いますが、

個人的には久々にTORITONさんが海に浮かぶ姿が見てて、嬉しい一日でした♪

 

長崎の梅雨明けは月末と聞いてますが、どうなるでしょうか

雨の合間に出港を・・・次回も楽しみです♪

2020年7月5日

2020 07 05

熊本も大きな被害を受け、亡くなった方、まだ行方不明の方も相当おられるようです。
これ以上の被害が出ないように祈るばかりです。

6月に入ってから、これまでの航海で、トップチヌ いけるんではないかな??
と思って、外海でやってたこの数年の間、艇に置きっぱなしになっていた、
ルアーを点検したところ、海水の浸食のすごさを思い知りました。

 

まともどころではなく、ひどいのは、フックが欠落しており、まともに使用できる
と思われるのは、一個もありませんでした。
アイそのものが欠落してるものもあり、結局、半日がかりで、拡大鏡を使いながら
復旧しました。

 

トップチヌはこの大村湾での衝撃の出会いがきっかけで年に何度かやるようになりました。

 

夏に一番好きな釣りのキス釣りをやってた時、赤いカヤックに乗って釣りをしている人を見かけ、

それが、明らかに瀬がある方向に向かって何かを盛んに投げています。
キスを釣りながら、気になったので注意していると、なにか明らかに大型と思われる
魚が釣れ、それが、あまり間を置かず連発していました。

それがいい型のチヌとわかり、ビックリして、迷惑がかからないと思われる距離まで近づき見ていました。
チヌ釣りは私も長年やっていましたし、難しさも十分わっかっていましたから

この人は釣りの神様じゃなかろうか⁉

と、本当に思いました。

 

 

相手も私を認識して会釈を返してくれましたので、ことわって、近づき、
いったいどうしたら、今のような釣りができますか?

と聞いてみたところ
相当時も経っていますし、正確でもないと思いますが、会話の骨子は

 

 

私も、はっきりこうだと分かっているわけではないが、おそらく魚がルアーを含む
釣り餌(何か)を食うのは、まさに餌そのものと思っている場合と
釣り餌(何かが)がそこに在り、とっさに、

喰ってしまえ!!

これはなんだ!!

確認しよう!!

などの、人間でいえば、そんな意識があるんではないかと思う。

 

 

このチヌトップは、チヌがすごい認識力を持ってるなら、食える餌と思ってるし
とりあえず噛みつけ!

だったら リアクション行動で、それで失敗してる。
いづれにしても釣れる。半々のような気がします。
纏めるとこんな話のようでした。

 

この出会いが有って、私の釣意識が相当広がりました。

 

というわけで、ペンシルの操作がうまくできるか(忘れてるよ)、今年もはじめてみます。

 

 

 

 

 

 

 

釣りをする方は何かキッカケがあるんだろうなと思っています。

そんなエピソードを頂けるなんて…

今後も大村湾で色んな魚種とも闘って…

いや、闘ってですね(笑)

大村湾を楽しんで頂けたらと思います

 

2020年7月2日

2020 07 02 潮汐率 78 水面温度 27℃ キス 32匹  良型が結構多い

 

雨が続いていたので漂流物が多いだろうと思って出港したところ
風が強かったためと思いますが、どこかに吹き寄せられたんでしょう、
クリアーな水面が続いて気持ち良い航海でした。

 

アオイソメを少し持ってはいたんですが、何処で何を釣るという
しっかりした目的もなく北上しました。

 

とりあえず、二島の桟橋がある周辺で数匹のキス。
黒島周りで同じく数匹。
このふたつの島の周辺では、既にトップチヌがやれそうな雰囲気でした。
慌てて深みへ逃げるチヌも数匹確認でき、次回は状況次第でやってみようと思っています。

 

クロの群れかな?と思える魚影も見えました。

キスの仕掛けにマルアジが喰ってきました。今年は余程多いんでしょうね。
底に這ってるキス仕掛けの餌も食べるほどです。
20cmくらいでした。

 

前島周辺で数匹のキスを加えて帰港の途中、餌もあるし、帰港予定時間にも少し間があったので
〇〇工区?よくわからないのですが、グランドなんかがある、出港の時には全く無視、
今まで見向きもしなかった場所でやってみたところ、結構な型のキスが喰ってきました。
数も多く、今季一番の良型でした。

 

それにしても、晴天下。

よく焼けました。

 

それに、帰宅してからの胸騒ぎ。

この胸騒ぎは・・・・・

 

キースイッチ!

 

キースイッチを切り忘れていたのを思い出し。
ハーバーマスターに連絡したところ、気持ちよく対応していただきました。

 

有難うございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

キチンとされてるTRITONさん!

キースイッチは、凄く焦られたと思います(汗)

忘れたままだった・・・とたまに聞きますので、皆様もお気をつけください

 

来週は毎日雨みたいです

梅雨明けはいつ頃かなぁ~

 

2020年6月23日

2020 06 23

潮汐率 78 水面温度 25℃ キス 37  大きさは まあまあ

気象状況も良いし、いろんなタイミングも今日が最良でした。

まさに梅雨の中休み。
形上湾入り口から北は、これまでも足繁くかよっており‎、様子も大体わかりますが
今日は、詩島と前島を結んだ西側、琴海ニュータウンやゴルフ場を擁した湾の様子を
知りたいと出港しました。

餌は・・・・

ちゃんと持っていきました。

沖側から野島や焼島を巻き込むように入る前に詩島寄りに孤礁が見えます、最近の雨の
影響で、少し濁っていましたが、付近の様子を見ると・・・。
実は、今日の予定をアルパマのスタッフと話した時に、この付近は案外高い岩礁が
ある旨のアドバイスを聞いていましたが、その通り、注意して航行すると
アドバイス通り、いい具合に岩礁が点在して、夏のチヌのトップゲームや晩秋からのメバル狙いに
面白いと思われ、またまた妄想がわいてきました。

今回の航海で、この付近が一番興味がわくポイントでした。
ニュータウンの真下や、ゴルフ場回りなど、航行に注意してやれば順調に釣れます。
今回も良い型をまじえたキスを少し持って帰りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6月は今日で釣り納め!?

お天気が読めませんもんね…

来月もよろしくお願いしまーす!!