TRITON釣れづれ草

2020年9月10日

2020 09 10  釣行記

潮汐率 35 水面温度 27℃ かなり澄んでいる キス 41匹 型はまあまあだけど厳しかった

7月17日以来の釣行。

8月の凄い暑さにへたってました、それに何個かの強力な台風やコロナに脅かされ
この夏はくさってしまいそうでした。
朝夕はようやく9月らしい涼しい風も吹くようになり、快適な釣行ができる季節が戻ってきたようです。

出港前、ハーバーマスターと情報交換しました。このところ、不調が続いている様子でした。
時化明けは多くの場合不漁気味と経験からわかっていましたが、やはりそのようです、
しかし時化が明けてかなり日も経つし、そろそろ釣れ出すころだろうと無理やり思うことにして、
でもおっかなびっくり出港しました。

ブランクが長かったので、やはり数多くの対話が楽しめる、ここはキス釣りでいきます。
渋いことが前提ですから、今日は始めから胴突き一本針ではじめました。

キスは置き竿でも釣れます。キスとのコンタクトを断っていても、ある程度の仕掛けを使うと
勝手に釣れてしまいます。

キス釣りの場合、釣果から見ると、どんな釣り方でも結果的にあまり変わったものではないと思います。
釣り方の良し悪しという観点ではなく、私は針がきれいに口元にかかっているか、または飲み込まれているか
結構こだわっています。前アタリと言われている、魚が餌の至近に来たような気配や、
あるいは、餌にちょっかいを出した、この程度の僅かな変化がわかるかどうか、
わかれば次に続く変化は、これは限りなく針掛りに持ち込める可能性の高い魚信(本アタリ)であり、
これを確実に捉えることができ易く、見逃した結果、飲み込まれて釣れてしまったりと、分かれるように思います。
もちろん、前アタリがわからないことで不用意な操作をしてキスのアタリを出せないことも多いはずです。

口元にきれいにかけることができるかできないか、その時その時で難易度が違う気がします。
その日その日ではなく、その時その時です。
私自身のコンディションの在り方によるのが一番の原因かもしれませんが。
最近はこのことがキスの活性の違いを表しているような気がしてます。
その意味で厳しいと予想される時や厳しくなった時には敏感でトラブルが少ない胴突き仕掛けを使って、
前アタリが出やすいようにしています。

前アタリに続く本アタリが出て、合わせると口元にきれいに針掛りする、理想的な針掛り・・・
心がけてやっていますが、今日はそれがなかなかできずに、結果としてずいぶん飲み込まれました。

飲み込むのだから、喰いは良いし活性は高いと思っても間違いではないし、釣行も成功と思います。
前アタリを感知し口元に掛けることができるのか、見逃して、飲み込まれてしまうのかは、
私にとって、かなり難しい大きなこだわり事項にはなっていますが、こんなことで楽しんでいます。
型はまあまあだけど厳しかったとしたのは、以上の理由からです。

活性は戻ってきていると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

凄く良いお天気でした

久々の出港でお疲れかな?と思いましたが・・・

何だかスッキリした顔をされていて「少年がいる…(笑)」内心思ってしまいました

今日は当ハーバーマスターと会話してる様子を激写

 

 

 

 

 

 

 

次に出港に向けて、作戦を考えているような?

次回の釣果も楽しみです♪

コメントを書き込む

* は必須項目です。 ※メールアドレスが公開されることはありません。