釣り日記

Rの出張釣りブログは釣り日記として生まれ変わりました!

釣りだけでなく、クルーズの取材もUPします!!

2021年9月2日

こんにちわ、下田です!

 

やっと、本当にやっと、晴れて、いい天気になった8月の土日…

まさかの月末で夏休み最後の土日だけがいい天気になりました

 

8月半ばに早朝出港される予定でしたが、残念ながら出港出来ず…

それからなので、久々にTORITONさんとお話させて頂きました♪

 

残暑が残る日が毎日続いているので、今回もキス釣りかなぁ?

と思っていたら、まさかのカワハギ!!!!!

しかも大漁!!!!!

お手頃サイズを頂きました

いつもありがとうございます

ミズイカもGETされてて、ホクホクして帰られていたので、

こちらも嬉しくなりました♪

 

お話の中で、水温も釣りに関わるとの事だったので、釣師の方は今からの季節が

面白いんだろうなと改めて思いました

いついらっしゃっても楽しく会話して頂きます♪

 

次回の釣果とお話が楽しみです

 

 

 

2021年9月1日

2021 09 01 釣行記

潮汐率 36 水面温度 28.5℃  カワハギ 13  ミズイカ 2

今日も早朝に出港しました。

カワハギについては、未だに、こうだ!! といえるものは、ほとんど何にもつかんではいません。
ですから釣れるのも釣れないのも、『やっぱりそうだった』と云う、いわゆる納得といったものは、何度かカワハギメインで釣行していますがまだ経験がありません。
いきあたりばったりで、釣れたり釣れなかったり、あなたまかせで、カワハギ釣りに関しては絶対的な経験不足であり、今後の展開を思うと、もう少し経験しておかないと、心もとなくてしょうがありません。
アオイソメを使うとカワハギもキスも釣れるために、カワハギを釣ってみて、もしダメだったらキスを釣って帰ろうと、…
それはそれでアリと思いますが、キスが豊富な大村湾、釣っても面白いし、食べても美味い、カワハギの応答がない時間が少し長くなってきたらキスを釣って帰るかな、
になってしまいます。
最近そのような状態が続いて、キスは順調に釣れていますが、カワハギの経験値は全く上がっていません。
少し反省も込めて、今日はキスを釣るには絶望的なアサリを持っていきました。

今日予定していた釣り場へ着くと、複数の釣り船がイカを曳いている様子。
先日試しにイカをやったところ、良く釣れたのですが、キープするにはいささか小型すぎ、それでイカのことは考えていませんでしたが、少しやってみようかと思い軽い餌木を使ってみました。
幸先よく、イカパンチで一杯、モゾモゾで一杯、短時間で二杯釣ることができ、型もキープしてよかろうサイズで、早くも、久しぶりに美味い肴で、一杯やれる準備ができてしまいました。

一方カワハギですが今日は水深12m前後を探ってみるとこから始めました。
今日の潮汐率から、潮はほとんど動かないと思いますが、南西の風が6m平均くらい吹いて、少し調整して、少々スピードが早い流し釣りがなんとか成立するようでした。
少し波っ気があったためか、いつもの、喰ってるようだな~ ではなく。いわゆるアタリと云えるアタリが最初から出て、一流し目から喰ってきました。
不思議だったのは、普通台形で表面の状況が同じような根だと、そこに5,6mずれていても、いや、むしろ積極的にずらして流す傾向ですが、今日のカワハギは釣れたトレースからそのくらいずれると、まったくアタリが出なかったんです。
イメージとしては、カワハギがキヲツケ!マエニ~ナライ!!!をやってるようでした。
比較的に短時間で13匹釣れましたが最大26cmを含むキープサイズばかりでした。
カワハギ釣り開幕の、号砲でしょうか???そうだと嬉しい。

 

2021年8月28日

2021 08 28 釣行記

潮汐率42 水面温度 29.5℃  キス 40くらい  渋かった

今年2度目の梅雨が明けたように感じる晴天がやっと戻ってきたようです。

実は今月11日、そのころも雨模様の天候が続いていましたが、何とか釣りになるくらい
の時間はありそうだったので、マリーナに早朝出港の手配をしていただいていましたが
当日は早朝からひどい雨になり、出港できませんでした。
私の、あまりにも期待値が高すぎる甘い読みで、マリーナにはお手数かけてしまいました。

過去10年余りの釣行記を見てみましたが、8月に雨によってこれほど長く出港できなか
ったことは今回が初めてのようでした。
長浦岳にも記録的な降水量があり、やっと落ち着いてきたばかりでしたから、おそらくは
渋いだろうと考えながらの出港でした。

案の定、渋い。

去年もありましたが、キスが気難しい面を見せる時期でもあるし・・・・・
重苦しいような濁りが出て、正確に根の際や駆け上がりを釣らないと餌だけがきれいに
無くなったり、本気で釣らないと天ぷらも食べられそうにはありませんでしたが、久しぶ
りに海上で感じる夏空は久しぶりにスカッとする釣行でした。

2021年8月6日

こんにちわ、下田です!

 

最近早朝出港のTORITONさん♪

3時間位で帰港されてるみたいです

小学生の時、夏休みのこの時期、朝からラジオ体操に行っていたような…

早朝の爽やかな時間帯に行なう…

釣りもラジオ体操も理にかなっていると思いました

 

台風の影響か、何だか段々厚くなってきているような?

まだまだ暑い日が続きそうですが、帰港した際のTORITONさんとお話させて

もらって、この夏を乗り越えようと思います(笑)

 

大村湾、今年はキス以外にイイダコが釣れているみたいで

魚種は多くないかもしれませんが、量が凄そうです。

必ず釣果が上がってくるので、お聞きしてて、嬉しく、楽しくあります♪

 

次回の釣果が楽しみです

 

2021年8月4日

2021 08 04 釣行記

潮汐率50 水面温度 30℃ イイダコ 4 キス 60くらい  今日も良く釣れた

早朝出港でした。

例年この時期は猛暑におじけづき、出港できないというか、出港したくない日々が続いて
いましたが、所属のマリーナが早朝出港に対応してくれるおかげで、最近の殺人的な猛暑
の中でも、早朝の涼しい時間帯を利用して釣りを楽しめてます。
また、キスやイイダコなどが比較的容易に釣れてくれます。
処理も簡単だし食べても美味い。
大村湾で釣りをする人の、この時期の特権を、大いに楽しめています。

今日は、イイダコはキスを釣る間に4匹乗りました。
前回は5匹でしたが、今年は例年に比べて、数も多いのかもしれません。
同じく、キスも状況がよく、前年よりも良く釣れるようで、良型も多いような気がします。

キスはノッコミの最中で、浅場に群がっているようです。
今日は、最初、6m~2mと駆け上がっていくポイントを探っていつも通りに釣れていま
した。
少し礫が多いのか、何度か根がかりで鈎を失ったのをきっかけに、背後の2m平均の台地
のような場所をやってみたところ、一段と密度が濃いような釣れ具合で、やはり乗っ込み
特有の釣れ具合になってきています。

しかし今日は日差しを感じる時間になると、朝とはいえ速攻で汗が噴き出し、暑い季節ド
真ん中を堪能できました。