釣り日記

2020年11月15日

2020 11 15   釣行記

潮汐率108 水面温度18.1℃ 濁り気味 マダコ1匹 コロッケサイズイカ多数
朝から、素直な東風で快晴、潮汐率も大きく、イカ釣りには最適な気象でした。

今季初めてのポイント。
大きな期待が持てましたが何故かコロッケサイズの新子ばかり。
イケスに入れてはいましたが・・・・

昼近くまで小型イカと遊んで、もう止めよう、最後にしようと着底したエギを跳ね上
げると、最後というのに、海底のロープをかけたような感触で、どうしようもないの
でドラグが滑らないようにスプールをサミングしながら強くあおると、なんだか生き
物の感触のような・・・いや、やっぱりロープ・・・???・・・
とても重かったのですが、なんとか上がってきてます。

うっすらと巨大イカの足のように見えます。
・・・この時ロープは消えて、イカ??????・・・????

マダコという選択肢が全くないので、だいぶ前に釣ったことがあるアカイカ??・・
それにしては全然引かない。

何秒くらいそんな風なパニック状態だったか、全体が見えても暫くの間が必要でした。
マダコと認識した時には何かを叫んでいました。 ← (ウソヤロ‼ とか)

やはり、大村湾について、釣り人としてある種潜在的偏見を持っているんでしょうね。
大村湾には何でもいることを強く意識してないと、とは思いますが、
私自身、こんなにパニクッて慌てたのは、いつ以来か、この文を書きながら釣った時
の騒動を思い出し、自然に笑みが出てきます。

1,8kgありました。暫くは我が家のタウリンとたんぱく質は十分のようです。

コメントを書き込む

* は必須項目です。 ※メールアドレスが公開されることはありません。