釣り日記

2020年12月10日

2020 12 10   釣行記

潮汐率74 水面温度16,5℃ かなり低下 カワハギ15匹 小型が多い

11月18日 カワハギとの会話の糸口が見えかけてきたのですが、艇の不調もあり、
海況の具合などもあって、やっと今日出港できました。

先日の釣行で、カワハギが居ついている根の概況は大体わかりましたから、手持ちの
ポイントの中で、カワハギ釣りに適応するような所を見出したいと思い、近いところから
探ってみました。

おかしなもので、こうなると、カワハギ釣りを調べていた段階で、エラク格式にこだわ
った、気位の高い奴で、難しい、と思っていたカワハギとの会話が、殆どの近場のポイン
トでアタリや釣果があり、案外話しやすい奴だ、とも思えるようになりました。
先日と比べ、今日は小型が多く釣果としては満足できませんが、大村湾は案外カワハギも
多いようです。
あとは、釣り方というか、今日も微妙なアタリしか出ませんから、難しい釣りには変わり
ありませんが、望むところです。
こうすれば釣れる・・・難しいですが、少しずつ見つけたいと思います。

新しく、釣りの仲間に加わった形のカワハギですが、その釣りの時期はどうなってるかを
調べてみました。

私の釣りで、大村湾では、12月から1月いっぱいが釣り物が難しい時期になります。

冬季の楽しみはメバルです。
12月1月と良く釣れますが、この時期は産仔期にあたり、メバルは自粛したい時期です。
この時期をカワハギが付き合ってくれるとなると、喜ばしいことで、うまく付き合い
たいところです。
そこで調べた結果、カワハギは、ほぼ周年釣れ、この時期(冬季)は肝が肥大して美味
い。
身が美味いのは8月らしく、私は肝があまり得意でないので、8月はありがたい季節と
なります。
12月と1月の難しい時期を、難しい釣りではありますがカワハギが付合ってくれるよ
うだと、周年の計画も立てやすくなり、メバルに気を使う事もなくなり、楽しみがより
増えることになります。

 

 

 

・・・この日、当社員から「釣れたらください!」と朝から声を掛けられていたTORITONさん。

本当におすそ分けして頂きました☆

 

 

 

 

 

事務所に来られた時に私しかおらず、一人焦る私。

でもサバけているTRITONさんは、サッと魚を見せてくれ、サッと分けてくれ、サッと帰られました

動きが早かったです

写真がないんだよね、とおっしゃられてましたが…

ご安心ください

上の2枚は隠し撮りに近いです(笑)

 

次もメバル?

当社員が凄く楽しみにしてるみたいです(笑い)

次回の釣りも楽しみです☆

 

コメントを書き込む

* は必須項目です。 ※メールアドレスが公開されることはありません。