釣り日記

2021年7月21日

2021 07 21 釣行記

潮汐率75 水面温度 28℃ カワハギ 0 キス 今日も良く釣れた

このところ、早朝出港のための早期下架をお願いしています。
何度かの経験で暑さを避けられるためか、疲労度合いが極端に軽いのがわかり、夏になる
と間遠くなっていた出港回数も今年は増えるかもしれません。

今日は朝から5~6mくらいの北東の風が吹く予報が出ていました。
出港すると西時津半島をかわすまでは適当な風波でしたが、黒島くらいに来るとマリーナ
の位置は大村湾でこの向きの風は川棚の方からになり、結構つらいものがあります。
何度かスプレーを浴びながら、今日はカワハギは無理のようだからまっすぐホームのキス
釣り場に向かいました。

実は前回、また釣れたキスをひったくられ、何とかいなして水面近くまで持ってきたもの
のキスを咥えていただけだったのか傷だらけで無残なキスを残していった狼藉者がいまし
たが、これは40cm程のマゴチと調べがついていました。
それがあったものですから、今日は竿を2本出してキスを釣りながら狼藉者を狙う準備を
していました。
キスの活性は高く、すぐ適当な大きさのキスが釣れ、早速狼藉者捕獲用の仕掛けを投入し
ました。
その後もキスは釣れ続けましたが、狼藉者は今日は居ないのか、反応がありません。

ここまで書けば後の予想はつきますね。
今日はキスの活性が高く、今期一番の喰いの良さです、元気で新鮮なキスが次々に目の前
を通り過ぎ、傍らには、弱り切ったキスがフラフラしてます、当然新鮮で元気なキスを喰
いたいですよ。
私が持ってる方の竿・・・・キスを釣ってる方、に重く強いアタリ。
ドラグの調整もしてなく、あわてて緩め・・・・前回のアタリともその破壊力は全く別格
でした。何回かの重苦しい締め込みを耐えて、いなしにかかった時に、フワッと軽くなり
ました。
無残に圧殺されたようなキスが残っていました。
とうとう逃げたのですが、悔しいことに一体何だったのか、大型のマゴチとは思いますが
ここは実績があります。エンガワを持ってる魚かもしれません。
いや、そうに違いありません、きっとそうです。

今日は写真もありません。

コメントを書き込む

* は必須項目です。 ※メールアドレスが公開されることはありません。